嫁 浮気

嫁の浮気発覚で修羅場になった体験談

嫁の浮気発覚で修羅場になった体験談。嫁さんが車の後部座席で誰かとチューしていたにも関わらず・・・。嫁さんが帰ってくるのが過度に遅いので、会社に迎えに行ってみたところ、もう閉店していました。

 

車を置く場所に嫁はんの軽自動車があり、事もあろうに間男と口づけをしているのです。

 

こちらは心神喪失しそうになってしまいました。

 

怒りのあまり、扉を開けて大音声でどなりつけ、間男の名刺をIDカードを出させ、慰謝料求めを行いました。

 

しかし、2週間後に相手の弁護士事務所から知らせが来て、私がした行為は脅迫罪に該当するから、警察当局に被害届を送付すると宣告されました。

 

さらには、車内で唇で愛撫する行為だけでは不貞行為じゃないので、情事の慰謝料を支出する責任は無いというのです。

 

私としてはとても混乱してしまいました。

 

嫁の浮気相手には自分で復讐せず合法的な制裁

 

ママが密夫とキッスしているのに、それが不貞行為にならないなんて何を言っているんだと思いました。

 

結局のところ、示談になりましたが、私としては口惜しい気持ちです。

 

万が一にも嫁はんの密通が発覚しても、自分自身で復讐しないで下さい!。

 

なぜかというと、自分の言葉で懲罰を課そうとすると、自分の立場が不利になってしまうためです。

 

相手が間違いを犯したからと言って、家内に大音声でどなりつけてしまったら、DV(ドメスティックバイオレンス)と理解されて離婚裁判に持ち込まれた時などに桁外れに不利になります。

 

強烈な言葉づかいで非難されたので精神障害になってしまったと診断書を病院で医師に書かれて、嫁はんが法廷に差し出してしまいかねません。

 

或いは、浮気相手を打ちのめしてやりたいと激高する方もいるのは当然ですが、密夫に危害を加えると自分が逮捕者となってしまいます。

 

たとえ身体的暴行をしなかったとしても、大音声で怒鳴りつけてしまった時には脅迫罪で訴えられる場合も数多いです。

 

自らで懲らしめを加えようとすると、思い切り気の毒な結果になることが主である。

 

家内と夫婦生活を修復するためにはどうしたら最善なのか?。

 

万が一上さんが不貞をしていることを認めても、どうにかして奥さんと夫婦生活を回復したいと期待する方はおられると思います。

 

人生をかけて、この女性を愛すると言い切って一緒になった人ですから、この罪はゆるしてあげて、夫婦の絆を取り戻して修復したいと考えるご亭主はおられると存じます。

 

さりとて、注意しなければならないのは、女心を察してあげることです。

 

嫁の浮気相手に弁護士を通して高額な慰謝料請求で制裁

 

嫁さんの不倫相手に対してサンクションとして高い値段の慰謝料催促をしてリベンジしてやるテクニック。

 

慰謝料の平均的な価額の2,000,000円前後より高い値段を接収 する適法な手順を紹介。

 

上さんの不倫が露顕したときは、荒々しい辛辣の センチメントと空虚感がなかなか収まりませんよね。

 

ママが持っているスマホに、間男と腕を組んでいるピクチャーや、スマホで自撮りしたヌード写メなどがセーブされているのに気付いてしまったとき。

 

職務としての出張 として旅館に泊まっているはずなのに、部屋に保管していた避妊錠剤のの数が少なくなっていた時。

 

奥さんが間男と淫行している事態を想ってしまうと、どうしても頭から取り除くことができなくなってどうにもならなくなる。

 

伴侶が不倫行為を行った場合、密夫に対して接収 できる金額の平均的なプライスは2,000,000円前後ですけれども、代言人が交渉すれば5,000,000円から1000万円の慰謝料を取得できることも有り得ます。

 

密通相手の稼ぎ状態や、弁護士先生の対話力の違いで補償金額に違いはありますが、嫁はんと不義をされて2,000,000円ではとても少ないという気持ちになる方は多くおられるはずです。

 

情事へ賠償金督促 には、客観的な裏付けが必要なので、代言人自身が探偵業者を管理している組織もあり、そこの場合は高い慰謝料催促を行った業績がが多いので熟知しています。

 

合法的な戦略で高い金額の慰謝料要求をして、密通相手へリベンジしたい方はこちらへ。

 

嫁はんの姦淫が不審に思う場合の対処のやり方。

 

嫁の密通が確認した折はまったくショックですよね。

 

嫁 浮気記事一覧

会社の上司と嫁が浮気しているので合法的な制裁を下したい場合。妻の行いが明らかに冷やかになってしまって、アベックの関連が深刻化してきたと考え始めていたら、絶え間なくメールをいじるようになって、家事や食事の用意をそんなにすることがなくなって、家を空けて外出することが連続的になったとき。カップルの肌の交わりが避けられるようになり、語らいがあまりなくなった。旦那とのベッドの関係はすっぱり無くなったにもかか...